突破

1ヶ月、1週間を淡々と過ごし、3日後の約束を無意識に遂行することが、絶対に手に入らない憧れの毎日のようだ。起伏が激しくて疲れる。ついに持て余し、婦人科に行ってみた。

男の先生だった。生理の前にどうしても鬱っぽくなってしまうことや、問診に始まってからの量が多い、鎮痛剤は毎回飲むと書いたことを踏まえて、月経困難症と診断された。初めて知ったが、今ではそれは正式な「病気」らしい。お医者さんから、「生理が始まってからかなり経ってるけど、ずっと重かったんでしょう。よく我慢したね」と言われて、泣きそうになった。どうにもできなくて、ただただ絶望の月末が来るのが怖くて、どんなに楽しい週末を過ごしても1人の平日なんてすぐに吹き飛ばせるくらいかわいい雑貨を買っても、自分が女である限りこの死の1週間からは逃れられないんだとずっと悲しかった。低容量ピルを処方してもらった。中高生も飲んでいるから大丈夫、と先生。あとで調べると低容量ピルの他にも、超低容量ピルというものもあるらしく、私がもらったのはまさにそれだった。ホルモン剤を飲むなんて怖いイメージしか無かったが、副作用はそんなに酷くないこと、飲み続けることでの副作用は起きないこと、妊娠を考え始めたらやめればいいだけだということを知って、それ以上にあなたにとってメリットはたくさんあると思うよと言われ、飲んでみることにした。スムーズな社会人生活を送るためにも、今試しておくのはいいかもしれない。また1人、新しい味方ができた。

広告を非表示にする