嫌いな人

私は基本的に対人関係が苦手だ。そこはもう小さい頃からずっと変わらない。だって他人の考えてることって全然わかんないじゃん… 特に私みたいな、ぱっと見大人しそうで静かそうなタイプの人間に対しては、当たり障りのない感じの態度を取るしかないんだろう。いかにも振り切れた感じの人は、同じ雰囲気の人が少なからず集まってくるし、好かれたり嫌われたりはっきりしててうらやましい。私はいつも大人しそうな女子を見つけては、私だけ喋り倒して、相手はそれを静かに聞くばかりで、女友達なんてそんなふうに空気で決められたカテゴリーに勝手にぶち込まれた結果生まれる産物でしかなくて、そこには私が積極的に「この子と友達になりたい!!」という感情は微塵も無かった。

私はおしゃべり好きな人が好きなんだということに最近気がついた。趣味が合っても合わなくても共通点があっても無くても関係なく、自分のことを楽しそうにしかもたくさん話してくれる人が大好きだ。私は自分が楽しみたいというよりは、相手に楽しんでもらいたいと思う方がどちらかというと多いようなので、ニコニコしてくれると嬉しいし、私に自分のことを教えてくれるとすごく嬉しい。そういう意味では、女の人より男の人と話してる方が楽しい。女性は、そのレベルに達するまでかなり時間がかかる。それは一般的な話じゃなくあくまでも私に対してだけど、女性とその域に達するまで親しくなれた経験がない。基本女性は自分の話を進んでする人はあまりいないようだし、それこそ当たり障りのない会話を5分おきに繋いでいくことくらいしかできない。一方男性は、割と初期段階から自分のことを話してくれる人が多かった。少なくとも研修を一緒に受けていた同期はそうだった。私は大学6年間を通じて、無駄に聞き上手になれた(と自分では思ってる。いいじゃん勘違いしたってさ!!)ので、そういう話したがりの男性から話を引き出すのが本当に楽しい。その性別の壁を乗り越えてきたのがさきちゃんで、彼女はすごく珍しい、私が仲良くしていたい女友達だ。

そういう意味では、彼氏との会話が私にとっては最高だ。会話が楽しいから、多分飽きずに関係が続いているんじゃないかと思う。会話の中でたまに生まれる神フレーズを帰り道連呼して2人で爆笑したり、楽しむための会話に従事したり、面白すぎるから全然飽きない。

少しだけ好きになった

大森さんのライブ以外のイベントに初めて行ったよ。秋葉原パセラってカラオケ屋さんで大森さんが1日店長やってて、フロアを貸し切ってファンの方々がカラオケをするというイベント。しかも2500円でソフトドリンク飲み放題!安い!!

私は会社帰りもちろん1人で行った。案内によると普通にカラオケするらしいし、1人で行くのハードル高過ぎないか、、、って思って、途中何度も帰ろうかと思ったけど、今日はさきちゃんからの晩御飯のお誘いを断って来たので、やっぱりちゃんと行かないとと思って、気持ちを強く持って秋葉原駅で降りた。

お店の前は全然混雑してなくて、むしろかなり静かで、本当にやってるのかな??と不安になるくらいだったけど、大森さんのクソカワParty の看板が見えたので、意を決して中に入る。カラオケの部屋割りはかなり自由で、逆にどこ入ればいいか迷ってウロウロしていると、後ろから同じようにウロウロしている女子を見つけたので、「もしかして1人ですか?」聞いたら、「あ、1人です、、、」って言われたから、やった仲間!!と思って一緒に入れそうな部屋を探した。

同じように1人で来ていた男の子がいる部屋に、2人で入った。するとまたもや1人で来たらしいおじさんが入ってきた。意外と1人で来てる人が多くて安心したし、何よりそんな感じの人たちが集まった部屋に入れて安心した。ほどなくして大森店長が登場。私のiPhoneでも、ちゃんとかわいく自撮りしてくれた。ものすごくみたいけど、私の顔がブス過ぎて直視できないので、まだあんまり見れてない、、、 

そのあとの4人でのカラオケは、ほんとにほんとにほんとーーーーーに楽しかった。初対面だったけど、みんな歌うのがすごく好きそうだったし、全然気を遣わずに過ごせた。歌が好きな人と行くカラオケは最高だ。何より大森さんの歌で一緒に盛り上がれるのは心の底から幸せだった。そしてなんといっても、私の謎のコミュ力に自分でも驚いた。なんでこんなに全然知らない人の前で堂々と歌えて、笑えて、楽しくやれるのに、なんで大学時代はあんなに人間嫌いだったんだろう…。やっぱり田舎が向いてなかったのかなー。私が好きなカルチャーに賛同してくれる人は1人もいなかったし、みんな、音楽より好きなもののために音楽を利用してるように見えた。それがどうしても馴染めなかった。別に完全一致を目指してるつもりは全くないんだけど、少しでも好きになれそうな部分があればそのはしっこだけを愛し続けられると思うんだ私は。それでもダメだったってことは本当にダメダメだったんだなー。なんだよ私愛されまくってるじゃん!!と思えるほど、そう勘違いできるほど、私はどんどんどんどん人のことを好きになっていく。好きな人が増えていく。素晴らしい。いい人生だ。

今日があるのは、大森さんのおかげだ。昨日大森さんと銀杏のツーマンを見て、号泣した私が、会いにいくことを許してくれた大森さんのおかげ。おかげで今日を生き延ばせたし、これからも大森さんの音楽を都合よくそばに置いて、勝手に幸せになっていくよ。がんばるね。

ぬるい

まあああああああただよこの平日前不眠の予感がまた現れたな!?!?!?私はやっぱり1人で過ごすのはあんまり得意じゃないなぁというか、1人を楽しく過ごせるようになるには土地に慣れることが必要だと思うので、川崎は私にとってまだまだまだまだまだまだまだまだなあああああーーーんにも知らないまっっかな他人で、どんなに好きな音楽で部屋を満たしても好きな人が好きな漫画を読んでも不安の種が払拭されない、、、、今や川崎は住む街でもあり働く街にもなってしまったので、全く落ち着かない。この間平間寮を見に行ったけど、ほんと立地よかったなぁ、、、あったかい商店街のど真ん中にあって、斜向かいにセブンがあって、駅が徒歩圏内で、すごくいい。うちは周りが高い建物ばっかで空が狭くて、無機質で、なんかザラっとしている。窮屈。もっともっと関東には面白いものがたくさんあるはずなのに、こんなとこにいていいのか自分!?!?みたいな気持ちになる。大学時代から、もっといえば20年以上この私でやってきたんだから、会社に勤めたからって会社員という生き物に様変わりするわけじゃないんだし、ずるずる今の私を引きずったまま生きていっても問題はないはずだし。会いたい人には無神経に会いに行けばいい。死んだように生きるのはもうやめたはずだ。なのに。思ったように生きればいいと、人に迷惑をかけたくないが、螺旋を描いて胃袋の中で回り続けている。空腹は柿ピーを食べたらおさまったのに、自分の失敗を反芻するのはやめられない。それではいけない。生きる方、会社に行ける方、明日の朝起きれる方を選び続けていたい。研修報告会の資料作ってて、私が選んだ配色がダサ過ぎてセンスないセンスないってあきやまさんに言われまくって落ちてたとき、だいさんが私のピアスかわいいかわいいって褒めてくれたの嬉しかったよ、やっぱり忘れられないよ忘れられないよなーいい思い出いっぱいもらったし優しくしてもらったもんなーあーあー

彼氏ともそろそろお互いの別の家に帰るのやだし、私せっかちだから、早く全部が収束してほしい、みんなと、私が納得いく形で関係を築きたい。やっと私も、人の顔に×を貼らなくても話せるようになってきたんだし、いつまでも過去の人間関係に引きずられるのやっぱつらい。そのためには無理やり、1日1日を更新していくしかない。明日はとりあえず仕事が終わったら秋葉原に行ってみる。おおもりさんに会いにいく。無理かもけど。

土曜日はだいさんとお寿司を食べに行った。真夏の磯子は馬鹿みたいに暑かった。店内も全然涼しくなかった。私は私の話をペラペラ話して、だいさんはそれをうんうんと聞いてくれた。一番はじめにほっき貝を2皿頼んで、いきなり4巻のほっき貝の寿司を食べ始めてちょっとびっくりした。だいさんは1か0かみたいなはっきりした考え方を持ってるような話し方をするけど、多分本当はもっと気遣いができる人なんじゃないかと思う。友達がたくさんいて女の子にも並程度にはモテるごくごく普通の男の子にも見えるし、すごく変わった人にも見えるし、不思議な人だ。磯子には工場がたくさんあって、海が近くて、白くて古い団地が多かった。空が広くて綺麗だった。こんな所に住むの憧れるねってだいさんが言った建物は、私の好みにものすごく近くて、あと高架下にある古い居酒屋を眺めるのとか、模型屋さんの前を歩いたりとか、好きな風景が似ているのが嬉しかった。だいさんが蚊取り線香を買いたいと言ったので、売ってそうなスーパーに入ったけど無くて、「どうしよう。これからどうする?」って聞かれたから、「あそこのダイソーならあるかも!」って言ったら、「蚊取り線香を探すのじゃなくて」って笑われた。結局、近くの薬屋さんに寄ってだいさんは蚊取り線香を買って、解散した。本当はもう少し時間潰したかったけど、くそ暑かったから帰りたかったし、もっと一緒にいたいと帰りたいの二大巨塔をどう始末すればいいのか、人付き合いが下手くそな私にはどうにもわからなくて、帰る方を選んでしまった。向こうは違う方向の電車に乗ってしまったし、なんだかモヤモヤが残ってしまった。不安になったから今日はありがとう、また誘うねってラインしたら、こちらこそ、寿司好きだったので最高でした、また、って返事が来たので、少し安心した。

今日は彼氏と原宿に行ったけど、人がものすごく多かったのと暑さが酷過ぎて、早めに別れてしまった。まただ。もっと一緒にいたかったのに、帰りたくなってしまった。さよならした後のことが不安で仕方ない。まーまた次会えばいっか、とすぐに前向きになれる性格でもないし。あーあ、せっかく三連休だったのに、モヤモヤモヤモヤしてしまったなーと思いながら帰宅して、この間買ったアルバムについてきた、大森さんと銀杏のツーマンライブの映像を見た。涙が止まらなくなった。富士電機の面接で言われた、鬱傾向が強いみたいだけど大丈夫ですかの一言が頭をよぎる。いつもいつも考えてしまう。本当は、誰かと過ごす一瞬一瞬が不安で、私は最大限その人のことを大事にできているかな、この人と今日別れてもまた次楽しく会えるかな、てかそもそもまた会ってくれるかな、私はすぐ相手のことを空気みたいに扱ってしまいがちでいつも嫌われて、それが怖くて仕方ない。大森さんはライブの最後で、頑張れなくなったら私や峯田さんの音楽に頼っていいので勝手に幸せになってください、と言っていた。私の休日が少し救われた。

広告を非表示にする

眠れないときって、眠れないこと自体がものすごいストレスになるから、その感覚から逃れたくて、だったらもう寝なくていいやってなる。死にたいのに死ねない人ってこんな感覚なのかなーと思う。時間が経っても悲しいくらいに布団の材質を感じ続けてしまって、寝返りも実は自分の意思でし続けていて、意識が手放せなくて体がどうしようもなく邪魔で、ほんとうにいやになる。あと1時間くらいで炊飯器が作動し始めて、そのカチカチ音でさらに眠れなくなるのでどうせ、もういいや、、、まじで一睡もできなかったーーー 休みたかったーーー

ストレスになることも、今はまだない。そのせいか…?あんまり疲れてないのかなぁ。

広告を非表示にする

これからこういう風に仕事を覚えてもらうから、とか、出張、打ち合わせ、電話対応もその内してもらうから、とか、新しく覚えることをさも当たり前のように言われると、自分がそこに行き着くまでに自分がもうそこに所属していないような気がして、少し怖くなる。大学時代はそんなことの繰り返しで、新しく覚えることについてわくわくして、早く私も覚えたい!と思っていたはずなのに、いろーんな障壁のせいで結局それを実践する前にばつっっっと全て投げ出して辞めてしまっていた。それはやっぱり私だって不本意だったに決まってるし、それは向こうも同じだったと思うけど、新しいことに期待をすること自体がトラウマになっているのは損なことだなーと思う。それともこの会社で、私の夢が叶うのかな。ちゃんと段階を踏んで、経験値を稼いでレベルを上げて、立派な人になれるのかなー

 

広告を非表示にする

しょぼ

さびしいいいいいいーーーーーーーー

班のみんなに会えないのほんとにほんとにさびしすぎるよおおおおおーーーーーーーーー

改めて自分はなんてウェットな人間なんだ、、、、って自覚するぐらい、私はみんなのことが大大大大大好きだったんだなー。でも悲しいことに、私は班のみんなそれぞれと2人きりになっても全員と楽しく過ごせる自信めちゃくちゃあるんだけど、他の人同士だとなんだか色々な感情を押し殺し我慢しながら過ごしてたとこあるらしいので、多分もう全員で集まることは絶対に無いんだろうなぁ。。。。はぁ

私は短時間の間にその人の色んなところを結構見てると思うし、しかもいいところを!!あとそれを割とずっと覚えてるから、いい印象だった人はずっと好きでいられる。だから、班の人たちそれぞれのいいところとか優しくしてくれたこととか、一つずつ私の中にずどんと落ちて、それがどうにも重すぎて、またそのずどんが欲しくて会いたい会いたい会いたい、その会いたいが頭の先から指先までぎっちぎちにつまっていて、行き場のない会いたいに押しつぶされそうでつらい。。。。それでも、私がこーんなにみんなのことを思っているから、班の人たちもきっと同じくらい私のこと好きなはず!!そう思わないとやってけないよー朝起きてすぐ朝ご飯たべれるのが私の長所だったのに、それがたまに機能しなくなるとなんかめっちゃ調子悪い感じになっちゃうしね。

これまで、研究室でもバイト先でもサークルでも人間関係がなーんかうまくいかなくて、すぐぶった切りたくなっていた私なんだけど、やっぱり人のことは好きでいた方が幸せだし、めんどくさい上に自分のウェットさに振り回されがちだけど、それ以上の価値って絶対絶対あるよね、あるに決まってるよね。大きな会社で仕事をするってことは、ずっと同じ人といられる可能性は0なんだけど、前も書いたように大人になってからの友達は終わりにしなくていいんだから、希望を持ち続けていこうと思うよ。それが、生きていることの唯一の希望だと思う。自分も相手も、生きてればいつかまた絶対会える。また仲良くできるさー