踏まれたガム

院生になっても尚、ゼミの度にみんな死ねみたいな気持ちになるのやめたい。というか院生になってからの方がむしろ、そう思うことが増えたかもしれない。いつまで経っても、研究内容に対するこれじゃない感が拭いきれない。なんで歩行に関する研究やってるのに音声の録音について調べてんの?論点がずれてるのはわかってる。それが実験に必要なことだから、実験本番で失敗したくないから、ちゃんとやりたいから私だって慎重にやってる。本気を注いでも注いでも実にならない研究を追い続けるのはもうやめたい。頑張って書いた英語の論文も無かったことにされた。もうすぐ終わる。せいせいする。

世間的には必要とされてないけど難しいことを研究している学生は讃えられる。それが完成したら本当に世の中良くなるの?自己満足にしか私には見えない。世界はどんどんどんどん進んでいる。私の研究だって、どんどんどんどん追い抜かれる。もう遅いよそんなの。時代遅れも甚だしい。結局はお金があって人もいて、実行力の高い大学や会社や国が全部持っていく。そんな中で北の外れにあるちっさい大学があがいても無理だよ。無理だから、出来る範囲の振り幅を最高にして全部全部やるくらいじゃなきゃ満足いく結果は得られないよ。規模が小さいから出来ることもある。もうすでにやってる人がいるかもしれなくても、それさえも無理な空気が意欲を食っていく。そんな状況下にいてどうしてみんな笑えるの。楽しそうに友達作ったり出来るんだろう。わからない。院に進むのは大抵「就職に有利だから」。そんな意識で院に来て就職しても何にもならないよ。その意識の低さは絶対直らない。なんでくんだよ。

今日まともに挨拶したり会話をした人は、ゴミの回収をしていたおじさんと、廊下をほうきで掃除していたおばさんと、車椅子の学生の排泄補助のおばさんだけだ。みんな生きていれば何かしらの価値は絶対にある。でも私は、同じ研究室の人たちにそれを見出せない。軽蔑し続ける悪い癖が直らない。だから居られない。在室表示は性格的に本当無理すぎて、私の名前が書かれた磁石を持って帰ってきてしまった。はやくいなくなりたい。

広告を非表示にする

すき煮

みんななんだかんだですごく先の将来について考えるの好きだよね。まだなんの行動もとってないからピンと来なくて当たり前なのにね。その距離感が愛おしいのかな。高校の頃に部活で、次うちらが幹部学年だねー!不安だねー!って言ってた時期のことを思い出す。うわーやだなー受験勉強もあるのに、とか、あの子がやっぱり部長になるのかな、とか。いざ始まっちゃうと味気なくなっちゃうけど、不安に感じている間は案外楽しかったりする。不確定要素についてあーでもないこーでもない言えるのは、同時に当事者でもないってことだ。だから、会社員のあれこれを想像して不安がるのを楽しむのは勝手だけど、当事者じゃないから当事者に向かって想像したそのまんまを言ったら怒られるか、呆れられるか、そのくらいかなぁ。来たるべきときに備えて構えておくことしかできないよなぁ。

広告を非表示にする

根ほり

人の傷口を見て「あーこの人もダメな人だー」と思うのが好きなので、録画したねほりんぱほりんという番組を見てた。ゲストは毎回かなりパンチが効いた人たちなんだけど、聞き手のYOUと南海キャンディーズの山ちゃんの普通の人っぷりが面白い。格言ぽいこととか、芸能人のインタビューにありがちな意味不明な受け答えとかはいっさい無く、こっちが純粋に「なんで?」と思うことをリアルに聞いてくれるので、無理なく見れて楽しい。

今回見たゲストは「パパ活女子」。出会い系で出会った年上の男性と食事をし、もちろん奢ってもらい、さらに肉体関係無しでお小遣いをもらっている23歳。しかもそういう関係を築いている年上男性は1人ではなく5人。彼らからのお小遣いだけで月50万円稼げるそうだ。人生イージーモード…。ホテルのフロントでバイトをしていたときの年下の先輩はおじさん達からすごく人気で、本当の接客業を垣間見た気がした。ただのビジネスホテルのフロントなのに、プレゼントももらっていた。何か上げたくなるような好きになり方をされるって得だなーと思っていたけど、それを特に仕事でもなくやるって、いいような悪いようなだなと思った。一線はあるようで本当は全くないし、一回会っただけで知らない人から5万円ももらってしまうという状況が私にはとても耐えられない、弱味を握られることと同じだから。やっぱり自分が必要な物は自分の身の丈に合った物にしとくに限るし、援助を受けるなら信頼関係が築けている人からにするに限る。

広告を非表示にする

かりんとうとコーヒー

#自殺願望 で、自分が望む結末を得られた人は何人いたんだろう。心の底から生きていることに絶望してようやく死ねたり、死にたい者同士会ってみたはいいものの結局死ねなかったり。今の死にたい消えたいっていう気持ちの根本的な原因が若さだとして、それが当人にとって希望になるか絶望になるかは人それぞれだよな。自分が逃げたいと思っているのは今目の前の現実であって、ここからあと何十年後の未来に希望を持てなんて言われても、そんなの出来るわけない。この先の自分は今の自分の延長線上でしか予測できないから。死ぬことは良くないって、なんでそんなこと言えるの?死んだことのないくせに。嫌なら生きろっていうのはそれなりに説得力が無いと聞けない言葉だね。自殺のつもりで結局殺されても、それが不幸なことだとは一概に言えないと私は思う。加害者と被害者の間の、側からみればひどく歪んでいて、でも当事者たちにとっては純粋な気持ちが、今の結果を生んでいる可能性だって捨てきれない。誰のことも、本当のことはわからない。今だけの相手だからこそ伝えられることって確かにある。

まばたき

中学の頃、自分の鬱症状について延々書き続けるブログをやってた友達がいて、人が読むものなのによくそんなどうでもいいこと書けるなって思ってたけど、ブログなんて多分そんなもんだし、自分に興味が無い人はそもそも読まないから、自分が好きなことを書いているという点では正しかったのかなと思える。今は私もその子と同じようなことばかりを書いているわけだし。

私はブラック企業に入ったら使い果たされるまで働くタイプだと思う。クオリティを求め過ぎているのか、それを自分では普通だと思っているから、どこまで満たせばいいのかがいつもわからない。特に今私がいる大学院ではもちろん勉強が主体だから、何をやっても金にはならないし、頑張り甲斐がない中で頑張らなきゃいけない修行のようだ。今その資料を作り込んでも、せいぜい自己満足か、周りに頑張ってるアピールのカケラにもならない。ふと全てが自分の承認欲求を満たすための行為でしかないことに気づくと、やる気が根こそぎ持っていかれてしまう。頭に張り付いたこだまみたいな重りがいつまでも落ちない。目の奥が、泣き過ぎたせいでずっとドクドクしている。この5日間ゴミみたいに過ごして、思い直したり思い直せなかったり、色々だった。

白鳥が鳴いているのに、外に出ても群れが見れなくて悲しい。来年からは白鳥が空を飛んでいくのを見れなくなるかもしれない。岩木山が、夕焼けの前に大きな影を作って立ちはだかるのも見れなくなる。毎日新しい景色を探して、感動したいのに。

広告を非表示にする

こたつ

人類愛など、ない。ただ、このまま無加工の私を受け入れてくれる人を大事にするだけだ。そのためなら一日中泣き続けてエネルギーを消耗しても、それは無駄遣いじゃないはずだ。涙活とかふざけんな。泣くのは悪いことではないけれど、正しい判断力を奪われるのでほどほどにした方がいい。頭がいたい。うどん食べる。

広告を非表示にする

カルピスサワー

怒りっぽくて泣き虫なのは損なことだ。人との会話の中には地雷がたくさんあって、そこを踏まれると、それまでの流れとか楽しかった気持ちとかに関係なくすぐ嫌な気持ちになるのはどうしたらいいのか。誰との関係においても、自分がわかってほしいと思うことの方が圧倒的に多くて、その部分をちゃんとわかって配慮してくれる相手とじゃなきゃ関係が作れない。こだわりが多過ぎてつらい。自分の気になるセンサに引っかかることが生きてるとたくさんある。そのセンサを相手にも押しつけそうになる。他人のことはわからないけれど、何となく私にはそのセンサが人より多いような気がする。もっと鈍くいられたらなぁ。

広告を非表示にする